世話好きな親戚のおばちゃんの役割を担う婚活サイトやアプリ

婚活サイトやアプリというのは昔でいうお見合いの仲人、あるいはしょっちゅう結婚話を持ち込んでくる世話好きな親戚のおばちゃんのような役割を担っていると私は思うので、こうしたサービスには案外良い印象があります。

ですので今まさに婚活を行っている人や婚活アプリを利用して結婚まで至った人にも格別悪い印象はなく、それどころか頑張ったんだなといった気持ちになります。それにこのようなアプリを利用して出会った相手を好きになるなら、それはもうごく普通の恋愛と変わらないと思うので、最初の出会い方がどんな形であろうと関係ありません。

さらに結婚適齢期の男女だけではなく、けっこう若いうちから登録し利用する人も多いと聞くのですが、それも合理的で良いのではないだろうかと思います。結婚したい男女が遠回りせず合理的に自分の条件に合った相手を探すことができるという点では婚活サイトやアプリは理にかなっていて、私でももう少し若ければそして独身だったなら利用してみたいくらいです。

そうして理想の相手を見つけ結婚できるなんて最高じゃないでしょうか。長い恋愛期間を経て相手のすべてをわかった上での結婚ももちろんいいですが、婚活アプリで出会って結婚し、その結婚生活で徐々に相手を知っていくというのも新鮮味があって良さそうです。結婚してから恋愛を楽しむことができるだろうし、意外と結婚生活は上手くいくのではないでしょうか。

そう考えるとこれからはそうしたアプリを利用した出会いが増えていくかもしれませんね。

当サイトアクセス数No1コンテンツ
社会人 出会いの場|各種出会いのメリットデメリットを解説。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ