三十路を過ぎると出会いの場は減る一方。現代の新たな出会いの場!

三十路を過ぎて思うことがあります。それは何といっても出会いの場の激減です。20代の頃は、職場でも同世代の独身男性が多くいて、また道を歩いていて声をかけられる、なんてこともありました。飲み会も多く、友人の紹介で新たな出会いがあることも少なくありませんでした。

しかし、悲しい30代。職場の同世代男性の多くは結婚し、また友人たちも結婚して子育て真っ盛り。飲み会の回数自体が減りますし、既婚者がいると異性の友人を誘う機会もおのずと減っていきます。

一体どこで出会えばいいんだろう?と、半ば諦めていた私。しかし、離婚して間もない友人が、あっという間に彼氏をみつけているのに驚きました。どこで出会ったのか聞いてみると、婚活アプリで知り合ったと言うのです。婚活サイトや婚活アプリは、いわゆる「出会い系」と、正直私は偏見を持っていました。友人は美人さんです。

そんな彼女が婚活アプリ?と、驚きを隠せませんでした。しかし、出会った彼は、元旦那より年収が多く、あちらもバツイチの子持ちで、友人の子供ともあっという間に仲良くなってしまったとのことでした。条件が合う人と話を進めるから、バツイチであることや子持ちであることをオープンにできて返って気楽なんだと彼女は言っていました。出会いの場がないと言い訳するのではなく、素直に次の出会いを探しに行く彼女が、何だか前向きで爽やかに見えました。

私自身、自分の中にある変なプライドや恐怖心を捨てて、一歩前に踏み出すきっかけをもらった気がします。

当サイトアクセス数No1コンテンツ
社会人 出会いの場|各種出会いのメリットデメリットを解説。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ