最初は婚活に対して嫌悪感がありましたが…

私の女友達は、皆婚活に精を出しています。

ほとんどの友人はすごく躍起になってパートナーを探していて、なかなかいい相手にめぐり合えないと嘆いていますが、しかしその傍ら婚活サイトやアプリで知り合って、見事お付き合いをしている幸せそうな友人もいるので、婚活自体は本当に縁結びとして利用するのはとてもいいことだと思います。

ただ、理想のときめくような相手を婚活で見つけるのは、大変なんだろうなという印象を受けます。少なくとも出会いが少ないままよりは、出会うチャンスは増やしたほうが確立は増すと思いますし、普通の出会いでも結婚を意識しすぎて相手を選り好みしていたら、なかなか「理想の人!」となることは難しいですよね。

婚活サイトがまだ一般的ではない頃は、利用している人に少し嫌悪感を覚えたこともあります。出会い系サイトと混同してしまっていたのだと思います。そしてサイトでしか出会えないような、いわゆる「売れ残り」しかいないのだろう、という偏見がありました。

しかし今は大々的に「ゼクシィ縁結び」や「マイナビ婚活」など、利用者もどんどん増えていますし、なにより自分の友人たちが利用している事情から、「出会いを求めてはいるが、仕事の関係でなかなか出会いがない」という男女お互いの悩みの共通点から、どんどん私の中では「がんばれ!」と応援したくなる好印象に変わっていきました。

どんな出会い方であっても、人と人が出会うということには変わりありませんので、これからも私の周りの友人だけでなく、婚活サイトを利用している人たち全てに素敵な出会いが訪れることを心から祈っています。

当サイトアクセス数No1コンテンツ
社会人 出会いの場|各種出会いのメリットデメリットを解説。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ