婚活サイトについつい恐怖心を抱いてしまいます。

近年では恋愛のきっかけなんて、昔と違って多種多様化しているように思います。

昔はインターネットも普及していなかった時代でしたから、実際に出会い、結婚するのにも、最初は必ず本人同士が直接会って、色々会話で人となりを知ってから交際に発展していました。

ひと昔前の「婚活」は、お見合いだったり、企業が主催する「パーティー形式」が主だったように感じます。

それがインターネットの普及と共に、顔の見えない相手との恋愛もできるようになりました。中にはメールだけで恋に発展するような強者カップルもいるとかいないとか。

最近ではSNSで婚活ができるようにもなりました。その一つがフェイスブックです。

私も含め、周りの友人の殆どがフェイスブックに「実名」で登録しています。

そんなサイト上に実名で色々個人情報を載せているだけでも、実際大丈夫なの?と思ってしまうのに、更にインターネット上での婚活サイトにより、「顔の見えない相手」と出会うなんていうことですから、より一層怖く感じてしまいます。

フェイスブックにはGPSとリンクしている機能があるため、自分が投稿した写真が、どこで撮影されたものかが分かってしまうこともあります。

場合によっては自分の居住地までもGPSで公開してしまうなんてこともあり得ます。婚活サイトで男性と仲良くなったことは良かったのですが、性格が合わずに破局してもなお、フェイスブックで知り得た情報を基に自分の生活圏内を付きまとってくるような、ストーカーだった!なんてこともありえるのです。

しかしそんな恐怖心があるのは、「顔の見えない相手との出会い」であるからで、実際に直接会って、顔の見える男性と知り合い付き合っても、その危険性は十分あるのは確か。

ただ、婚活サイトとなると、そう分かっていても、ついついそんな恐怖心があります。

当サイトアクセス数No1コンテンツ
社会人 出会いの場|各種出会いのメリットデメリットを解説。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ