気が付けば、周りは既婚者だらけ!焦り始める事の多い、30代の婚活

大学卒業後、憧れの仕事に就く事ができ、一生懸命頑張って来た20代。男性の中に入り、女性が仕事を頑張る事は、いくら、男女平等の世の中とは言え、結構、大変な事も多いのが事実でした。そんな、がむしゃらに頑張って、少し、落ち着いたと思う事ができたのが、30代に入った頃。そんな時、高校、大学時代の友人のSNSを改めて覗いてみると、みんな、結婚し、子供の話題ばかりになっていたのです。比較的、私が勤めている会社の女性は、30代でも独身の人が多く、気がつかなかったのですが、もう、結婚を考えなければいけない時期に来たいたのだと気付かされたとき、本当に心から「どうしよう!」と思ったのでした。

早速、婚活を始めたいと思っても、30代にもなると合コン的な飲み会の機会も減り、会社以外の人と知り合う機会などほぼない状態。慌てて、友人に相談し、友人の旦那様のつてで紹介してもらっても、その人数には、限界もあり、気に入る男性と知り合う事もできず、本当に焦りました。20代の時などは、時間に余裕があれば、合コンだの飲み会など出掛けていた私。でも、その時は、結婚など、全く考えてもいなかった為、それ以上、話が進む事もなかったのでした。「なぜ、あの時出会った人たちと、もっと、真剣に交際しなかったのか。」と後悔しても、遅く…。

出産の事を考えると、少しでも早く結婚したいと思い出した私は、最終手段として、叔母のお見合いにまで積極的に参加してみる事にしたのですが、なぜか、焦れば焦るほど、良い縁が遠のくような気がして仕方ないように思え、「結局、時の流れに身を任せる事も大切なのでは?」と思い始めた私。それでも、あきらめきる事ができない心境は、心の奥にあり、焦って、婚活したい自分と流れに身を任せたい自分との葛藤の日々を送る事に…。こんな事になるなら、仕事ばかり優先せず、もっと、結婚の事を真剣に考えれば良かったと後悔ばかりの30代です。それでも、まだ、結婚をあきらめたわけではなく、今後、婚活パーティーなどへの参加も真剣に考えている私です。

こちらもチェック!人気コンテンツ

当サイトアクセス数No1コンテンツ
社会人 出会いの場|各種出会いのメリットデメリットを解説。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ