子作り・子育てをすることを前提とした場合の結婚適齢期を考える

まずは『結婚』という言葉の定義の仕方で、回答が変わってくると思いますが…。多くの人が思うであろう、『伴侶を見つけ婚姻届を出し、子を生し育てる』ということとして答えると、20代前半が適齢期ではないかと考えます。

自分は20代半ばに結婚はしたものの、子供を産んだのは30代半ばでした。

そして今40代半ばにして思いますが、まず体力的に子供の相手がきつい!まだ見守りが必要なのに元気いっぱいでアスレチックに登って行ってしまう子供を追いかけるのが大変でした。

それから自分が体調を崩した時などに親を頼りたくても、親が高齢で頼みづらい。自分は専業主婦ですが、仕事を続けようと思っている人ならことさら親が若い方が頼れるのではないでしょうか。

さらに、何とか子供に手が掛からなくなり自分が仕事に出たいと思った時に、年齢的に選べる仕事が少ない。

それからこれは妊娠して母親学級に行くようになって初めて知ったことなのですが、35歳を過ぎると卵子が老化して妊娠しづらい・障害児が生まれる確率が高くなる…。こういう情報って、本当は義務教育内で教えるべきではないでしょうか?

多くの人は妊娠して初めて妊娠情報誌などに手を出すのだと思うのですが。それとも情報収集を怠ったということで知らない方が悪い??自分の場合は2人の生活を楽しみたいからと敢えて子供を作るのを先延ばしにしたのですが、これを知っていたらもっと早く子供を作っていました。幸い、望んですぐ妊娠できたし、生まれた子に障害はありませんでしたが。

若いうちは給料が低くて子供なんて考えられない、とか、あまり若いうちだと今度は自分の親を頼りたくても親がまだ現役で頼れない、ということもあるかもしれませんが、これらの自分自身の経験から、子供ができた後々の生活を考えるとなるべく早く20代前半に結婚して子供を産んだ方がいいと思います。

子作り・子育ての観点から自分はこのように考えますが、別に子供を作る気はないよ!というのであれば、結婚したいと思ったその時が適齢期だと思います。

こちらもチェック!人気コンテンツ

人気No1コンテンツ
出会い 場所|出会いの場所・きっかけについてメリット・デメリットなどを解説。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ