異性に出会う機会が少なくなり結婚紹介所を利用した。

私が結婚紹介所を利用するきっかけになったのは、仕事が忙しくなりだした30代半ばからです。

20代半ばから30歳になるまでお付き合いしていた彼氏はいたのですが、経済的なことが問題で分かれてしまいました。その彼氏は借金を抱えていて、その借金を返済する努力を払っていませんでした。性格は優しかったのですが、経済的な問題を障害の結婚相手として共有する事はしたくありませんでしたので、別れを決意しました。その後職場でも責任を任されることが多くなり、異性との出会いというものがほとんどなくなってしまいました。合う異性といえば取引先の既婚者ばかりですから、結婚相手を探す事は不可能になっていました。

しかし子供をもうけたい気持ちと家族を設けて週末にリラックスした時間を持ったり、愛情を注ぐ相手が欲しいと思っていました。

それでインターネットで結婚紹介所に申し込みました。最初は自分のプロフィールについて入力する必要がありました。かなり細かな内容でしたので、自分でも自分自身にして良く知っていなかったのだと気づかされました。結婚紹介所の方に聞いたところこのプロフィール記入によって自分をよく知ることができるとのことでした。そして自分を良く知る事が結婚への近道になるということでした。確かに私にとってもこの経験は貴重で、私は結婚相手のどんな人を求めているのかをじっくりと吟味するきっかけになりました。

結婚紹介所から異性の紹介を頂くようになると、自分で自分の将来を決めなければならない大変さを感じました。何度か会ったり、プロフィールを見ただけではその人の本当の人となりを知る事はできませんので、お付き合いをするのか、しないのかを考えるを決定するのは悩みました。でも結婚紹介所が紹介してくださる方は、私の希望にある程度かなった方ですので、後は自分の感性で決めようと思いました。結婚する事になって、やはり感性があったり、少しでも愛情を感じられる人を選ぶ事が結婚を成功させる秘訣だと思っています。それで今は結婚紹介所から紹介された方でフィーリングが会う方を探しています。

こちらもチェック!人気コンテンツ

アクセス数No1コンテンツ
出会い きっかけ|出会いのきっかけについてメリット・デメリットなどを解説しています。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ