痛いところに手が届くような人になり、そして、女性が恋人に求めるものを把握できる男性を目指しましょう!

■まずは、痒いところに手が届く男性になりましょう
彼女をつくりたいのであれば、まずは気配りできる男性になると良いでしょう。もちろん「俺様」といったフレーズも聞きますが、多くの女性は、相手を思いやれる男性が好きなはずです。その際に、良い意味で細かい部分にも、そっと気づけるような、痒いところに手が届くようになると、女性にはとても好印象ですよ。

そういった男性は嫌われることも少ないですし、全般に女性受けが良くなります。女性自身に恋愛感情を持たれなくても、友人や知人を紹介してくれる可能性が高くなるかもしれませんしね。そういった点で、少しずつ交友関係を広げていくことができます。

もし、そういった行動が苦手だと感じる方は、親切な人の真似を積極的にしてみましょう。うまくいかなくても行動するだけで、相手に伝わるケースもあります。また、好きになる女性の行動や性格を妄想してみて、自分自身が実際に、それを行動としてやってみるのも良いかもしれませんよ。

その際の注意点は、相手にしてあげた行為の見返りを求めすぎないことです。

■いい人だけでは終わらせない。女性が恋人に求めるものをしっかりと把握しましょう
相手に気配りできる、痒いところに手が届くような男性になれれば、あなたは、女性から好かれるケースが高くなるはずです。実際に、もう彼女ができる場合もあるかもしれませんね。

しかし、確実に彼女をつくるためには、しっかりと把握しなければいけないことがあります。それは、女性が恋人に求めるものです。

気配りや親切な行為は、確かに女性は喜びますよね。しかし、それはどちらかというと、友人としてや人間的な部分だと思われます。恋人をつくりたいのであれば、女性が彼氏に求めるもの、すなわち彼氏にしか求めない欲求が分からなければいけません。

時には、アドバイスや受け止めてあげるだけでなく、主張などもして自分の一面を見せていますか。女性の弱さや寂しさを受け入れてあげるような器量の大きさを、女性にイメージさせていますか。もし、女性が間違っている時には指摘することができますか。

何より、男性を意識させていますか。

難しい部分もありますが、時と場合を考慮して、そのようなことを意識して接してみましょう。そうでないと「いい人」で終わってしまうケースも多いです。女性に恋人しての自分を想像してもらうことが、とても大切になるはずですよ。

■終わりに
痛いところにも手が届くような気配りのできる男性になり、そして、女性が恋人に求めるものを把握して、時には接してみること。

そういった行動がとれれば、きっとあなたは、恋人がつくれるようになるはずですよ。この記事が少しでも役に立てて、多くの方が恋人ができるよう、心から願っています。

こちらもチェック!人気コンテンツ

アクセス数No1記事
出会いの場|出会いの場についてメリット・デメリットなどを徹底解説。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ