相手を忘れようと会社を辞め自分磨きに没頭しました

失恋から立ち直る体験談38
派遣社員として勤めていた会社で、A男と出会いました。

A男はその会社の社員で業務で判らない事があれば優しく教えてくれたりと、本当に親切な人ですっかり好きになってしまったのです。

そこで勇気を出して告白しましたが、A男には同じ会社に勤めるB子と現在婚約しているとの事でフラれてしまいました。

もう本当に大好きだったので諦める事は出来ず、かと言って彼女がいるなら奪い取る事も出来ないので辛かったです。 会社へ出勤すればA男がいて、時々B子と仲良さそうに笑いながら話している所を見かけます。 2人は傍から見ていて羨ましい程のラブラブっぷりで、出勤するのも嫌になってしまいました。

寝ても覚めてもA男の事を考え、業務の事でA男に話しかけられては胸をときめかせながらも「この人には結婚の約束をしている彼女がいるんだ」と自分に言い聞かせて抑えるのが辛かったです。 仕事でもミスが増えるし寝不足になってしまうし、失恋の痛手とはこんな感じなんだと思いました。

しかしこのままずとぐずぐずとA男の事ばかり考えていてもしょうがないと思って、A男の事を忘れようとそれまで勤めていた会社を辞めました。 そしてちょっと離れた土地の別の会社で、我武者羅に働き始めたのです。 忙しい仕事でどんどん時間は経って、その合間にエステやネイルにフィットネスと自分磨きに没頭しました。

友達の誘いで合コン、街コンにも参加して、そうやって過ごす内にちょっといいなと思う相手と出会ったのです。 最初はどの人を見てもA男と比べてしまっていたのですが、時間がそれを解決してくれました。

A男にフラれて約1年後、別の男性とお付き合いを始めたのです。 失恋はそうそう忘れられるものじゃないと思っていましたが、荒療治でもこうやって相手の顔を見ない日々が続けば心も新たに進めるのだと感じました。

こちらもチェック!人気コンテンツ

アクセス数No1コンテンツ
出会い きっかけ|出会いのきっかけについてメリット・デメリットなどを解説しています。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ