新たな出会いの予感が失恋の辛さを和らげてくれた

失恋から立ち直る体験談30
私は30代前半で大失恋をしました。相手を大好き過ぎて束縛してしまい、相手が離れて 行ってしまったんです。

そのときは失意のどん底過ぎて、仕事もプライベートも手に付かず 大変でした。ですが毎週習い事をしていたので、それには欠かさず通っていました。

家にじっと しているほうが辛かったので。語学の習い事をしていたのですが、少しながら予習復習をして いたので、そのときと授業中は不思議と気が紛れました。

夢中になって勉強をしたことで失恋の ことを忘れられたのでそれが良かったんだと思います。

それと同じタイミングで、語学のクラス に新しい生徒が入ってきました。その生徒は帰る方角が一緒だったので、毎週一緒に帰るようになりました。

語学のクラスに入ったのは私の方が先でしたが、その生徒はその語学を前から 勉強していたので、私より語学能力は高かったんです。

なので時間があるときは、毎週のクラス の後にカフェで更にその語学を教えてくれるようになりました。

そこでもまた気が紛れました し、プライベートの話なども出来たのでそれも正直楽しかったんです。

またその相手が他にも 習い事を2つやっていると聞き、尊敬するようにもなりました。

いろいろな話をしているうちに ちょっと相手に興味が湧いてくるようになりました。

失恋直後だったので”恋愛”とは違う感じ だったのですが、ちょうどそのときに相手も私のことを恋愛対象と見るようになったようで 食事などに誘われるようになり、その後お付き合いを申し込まれました。

恋愛感情というものは そのときは無かったのですが相手を尊敬する気持ちはあったので、その彼とお付き合いする ようになりました。

その時点で私は失恋から立ち直っていたと思います。その相手とは1年 ほどで別れてしまいましたが、私を失恋から立ち直らせてくれた彼には感謝しないといけない と思っています。

こちらもチェック!人気コンテンツ

アクセス数No1コンテンツ
出会い きっかけ|出会いのきっかけについてメリット・デメリットなどを解説しています。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ