思い切って隣街に引越して失恋から立ち直る

失恋から立ち直る体験談25
引越しをして、失恋から立ち直りました。前の彼氏に住んでいるマンションから自分の住む場所が近く、いつも週末になると、そのマンションへと通っていました。

彼のマンションでは、お泊りをしては楽しみ、料理を作ってあげては食べさせてあげたり、一緒に部屋のリフォームをしては楽しんでいました。

そんな彼のマンションが近いと、失恋をした私にとって、とても辛くなります。そのマンションの前を必ず通らないとバス停にも行けません。

その度に彼氏との楽しい時を思い出してしまうのです。 せっかく時が経ち、忘れようと思っているのに、そのマンションの前を通る度に彼氏を思い出してしまうのです。

なかなか彼氏を断ち切ることができなくなり、ついついその彼の部屋に行きたくなってしまいます。

そんな時に、彼が他の女性とマンションに入って行く姿を見かけてしまった時には、実に嫌な気分になるのです。

このままではおかしくなってしまうし、失恋から立ち直ることができないと考え、隣町へと引越しをしました。

彼から遠い場所に住んでいると思うだけで、彼を忘れることができました。思い切って仕事まで辞めて、新しい職場で新しい友人を作ったりすれば、その失恋も忘れてしまうのです。

新しい街に移れば、そこに馴染むために必死になるので、失恋のことも忘れられました。

色々な場所に行き、色々な人と出会えば、それだけでも刺激となります。色々な刺激に出会えば、彼氏のこともだんだんと忘れられるのです。

違う場所に行くと、とても大胆になれます。色々な場所に行きたいと思うようになり、魅力的な男性と知り合える機会も増えました。

そこで知り合えた男性とお付き合いもでき、酷い失恋から立ち直ることができました。

こちらもチェック!人気コンテンツ

アクセス数No1コンテンツ
出会い きっかけ|出会いのきっかけについてメリット・デメリットなどを解説しています。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ