失恋から家族のおかげで立ち直れました

失恋から立ち直る体験談17
私は隣に住む幼なじみのお兄さんが大好きだったのです。私よりも二歳年上で、私が一歳の時に引越して来たのです。

小さい頃からまるで兄弟みたいに育てられました。何をするのもいつも一緒だったのです。

それが私が高校生になった時、お兄さんを男として見てしまったのです。いつもは着替えているところを見るのは、何でもなかったのです。

それなのに、この時私はお兄さんの姿にドキッとしました。とても男らしくて筋肉のある体を見て、ドキドキしてしまったのです。

それ以来私はお兄さんを男として見るようになったのです。気が付いたら異性として特別な感情を持っていたのです。

お兄さんの前でははっきり話もできなくなったのです。何をするにも、目が気になってできなくなったのです。

お兄さんの前に出ると、胸がドキドキして苦しくなるのです。そしてわかったのです。これが恋だったのです。

私はお兄さんに恋をしていたのです。 そして思い切って告白をしました。かなり勇気を出したのです。でもお兄さんにはすでに彼女がいました。

結婚を約束した彼女がいたのです。 そして私の事は、大事な可愛い妹としか思えないと言われたのです。とてもショックでした。

私もちょっと前まではそうだったのです。大好きなお兄さんと思っていたのです。でも今は男性として好きになったのです。

私は失恋しました。思いっきりフラれてしまったのです。 その時家族が慰めてくれました。母が美味しい物を作ってくれて、父は遊園地に連れて行ってくれたのです。

家族みんなで私を慰めようと必死だったのがわかるのです。家族がいたから私は立ち直れたのです。

家族がいたからこそ、私は今とても元気になれているのです。 家族っていいなと思いました。

こちらもチェック!人気コンテンツ

アクセス数No1コンテンツ
出会い きっかけ|出会いのきっかけについてメリット・デメリットなどを解説しています。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ