失恋から立ち直るために…涙を我慢してはいけない

失恋から立ち直る体験談16
私は以前大失恋をしたことがあります。大学の時に付き合っていた人に就職して3年目で振られてしまったのです。

私はかなり恋愛に奥手で自分からあまり人を好きになることがなく、大学の時に付き合ったその人が人生で2人目の彼氏でした。

彼は私よりも2歳年上だったので本当に頼りがいがあり、とてもたのもしかったです。

会話も面白く、私のことを大切にしてくれているのが伝わってきました。 彼のご両親とも仲がよかったので余計に別れてから寂しかったです。

私は両親と離れて住んでいたので、一人暮らししている私のことをとても心配してご飯に連れて行ってくれたりする本当に優しいご両親でした。

私は結婚したら彼のご両親のようになりたいと心から思っていましたし。彼のご両親もよく、結婚してうちの息子をよろしくね、と言ってくれていました。

しかし私が就職してから状況が変わってしまいました。少し離れたところで就職してしまったのでプチ遠距離になってしまい、会う頻度も激減してしまいました。

一人暮らしだったので自分のことで精いっぱいで、彼から他に好きな人ができたと言われてしまいました。

私は本当にショックでしたが、彼の幸せのために身を引くことにしました。

彼以外の人を心から好きになったことがなかったのでこの先、自分に彼のように好きになれる人なんて現れないだろうなと思ったら、本気で不安で寂しくてどうしようもなかったです。

泣かないようにしよう、他のことで気を紛らわそうと思って我慢していたのですが、ある日家で一人でテレビを見ている時に彼のことを思い出して号泣してしまったのです。

人生で一番泣きました。泣いても泣いても涙がとまらず朝まで泣きました。そしてぼーっと朝の情報番組を見ていると、おもしろいコーナーがあってそこで自分でも驚くほど心から笑っていたのです。

泣きまくってそれまでため込んでいた気持ちが一気に流れ出たようなすがすがしさがありました。

こちらもチェック!人気コンテンツ

アクセス数No1コンテンツ
出会い きっかけ|出会いのきっかけについてメリット・デメリットなどを解説しています。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ