次の人を見つけることが失恋からの早い立ち直りに。

失恋から立ち直る体験談10
ずっと片思いだった方がいるのですが、その方には先着がいました。

ですので、一方的な思いということになりますが、ずっと思い続けていたのです。

毎日お話をする程度の仲だったのですが、その思いはずっと内に秘めていました。

付き合っている方がいるのも知っていましたし、その人とうまくいっていることも知っていました。

奪い取ることもできたのかもしれませんが、そこまではしたくないという考えがあったので、とりあえずは見守るというか、様子をうかがっていました。

そんなある日、ついに結婚するという話を聞かされました。 ああこれでもうダメだと実感した日になるのですが、さすがにこの日はお酒を大量に飲むことになりました。

酩酊状態とまではいきませんが、友人曰く、いつもと全く違ったよ、とのこと。 覚悟をしていたとはいえ、失恋はやはり受け入れがたいものですね。

それから数日は落ち込んでいたものですが、振り切るしかありませんよね。 どうすれば良いのか悩むところですが、こんな時は次の人を見つけるのが一番早いと考えました。

世の中にはたくさんの異性の方がいます。 その中から、新たに自分にとって必要な人を見つける作業の開始です。

比較的割り切りが早いと自分では思っていますが、もちろんまだ頭の片隅にはその人を残しつつ、新たな旅へと出掛けます。

ということで、友人に合コンをセッティングしてもらい、週一ペースで開催です。

こう考えていると、なんか自分って軽い人間だなと感じるところですが、そんなことは言ってられません。

私の心の中には、過去好きだった人がいます。 お付き合いした方もいれば、片思いの方も。

失恋したとはいえ、好きだったことに変わりはありません。 その傾向を自分で分析しながら、次の人を見つける。 それが失恋から立ち直る、一番の近道かなと思いますね。

こちらもチェック!人気コンテンツ

アクセス数No1コンテンツ
出会い きっかけ|出会いのきっかけについてメリット・デメリットなどを解説しています。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ