留学中に出会い、国際結婚をする場合は…

私は今、カナダにワーキングホリデーで滞在してます。以前はオーストラリアにも1年半滞在し、その時に出会ったコロンビア国籍の彼と現在は遠距離恋愛中です。私たちはお互いの母国以外で出会った為、私がカナダに移る時に彼はカナダに来るのか、オーストラリアに残るのかという決断が必要でした。

結局、彼はカナダのビザ待ちの為にコロンビアに帰国中です。私たちに限らず、留学中に出会ったカップルはある時にどちらかが母国を捨てる決断をしなければなりません。どちらかの国に移るのか、第三国に移住するのかどちらかになります。

そうでなければ国が違うカップルは一緒に居続けることができないのです。結局、どちらかのビザの期限の時に選択を迫られ、その時点で結婚するのか、お別れするのか決めなければなりません。そうしなければ永遠に遠距離恋愛になってしまいます。

ビザは個人の問題でもあり、国際カップルに取ってはお互いの将来に必要不可欠などうしようもない問題かのです。また、どちらも英語圏以外の出身の場合で、どちらかの母国に国際結婚をして住むことになった場合、母国語でない方は全くコミュニケーションができない状況になってしまいます。

友達も家族もいない、言葉も通じない国で旦那さんだけとしかコミュニケーションできない状況はかなりのストレスになってしまうでしょう。その覚悟をした上で結婚したとしても、なかなか厳しく苦労することは目に見えています。そこで私達は、どちらかの母国ではなく、第三国の英語圏に住むようにしています。

第三国であれば、はじめはどちらかの永住権が必要ですが、永住権が取れればパートナービザで一緒に居続けることができますし、友達や家族がいない状況もお互いに同じで、英語が通じる為に何とかその国のコミュニティで生きていく事ができるでしょう。国際結婚が大変なのは、結婚自体ではありません。結婚後お互いがどこに住めばお互いが幸せになるのかを現実的に考えなければ、長続きはしないのだと思います。

こちらもチェック!人気コンテンツ

アクセス数No1コンテンツ
出会い きっかけ|出会いのきっかけについてメリット・デメリットなどを解説しています。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ