大学時代と社会人の時に友人の紹介でたくさんの合コンに顔を出したこと

私は大学時代と社会人になってから3年目くらいまでの間、中学時代の友人が開く合コンにたくさん顔を出しました。

私はもともとあまり合コンなどは好きではなく、最初のうちはできれば行きたくないなと思っていましたが、合コン好きな友人が次々と誘ってくれるので、徐々に合コンにも慣れてきました。

友人はとても男友達が多い子なので、バイト先などで知り合った男友達に声をかけて、その人たちの友達を連れてきてもらっていました。

私はいつも友人の大学の友人と一緒に3対3や4対4の合コンに参加していました。

合コンを通じて友人の友人とも知り合って仲良くなり、一緒に食事に行ったりもしていました。

合コンのお店は大体新宿か池袋あたりで、友人が良さそうなところを探して予約してくれていました。どのお店もおしゃれな素敵な空間で、合コンにぴったりな感じで、いつも感心していました。もし私がお店を探したとしても、友人のように素敵なお店を探せなかっただろうと思います。

合コンが始まってからも、友人は食べ物の取り分けなどを積極的に行い、気になる男の子にはたくさん盛ったりしてアピールしていました。友人は話も上手なので、いつも合コンに来る男の子と盛り上がっていました。

私は人の話を聞くのは得意なのですが、自分から話しかけたり話題を振ったりするのがあまり得意ではないので、あまり話さない男の子が多い場合は困ってしまいました。

皆が好きそうなバラエティ番組やドラマなども私は観なかったので、なかなか皆の話題にもついていけずに困ることも多々ありました。もっと盛り上がってよと友人に怒られることもありましたが、頑張ってもなかなか難しいことでした。

友人は合コンで必ず複数の男性から連絡先を聞かれて、デートもたくさんしていましたが、私は連絡先を聞かれたことはなく、自分から聞くこともありませんでした。

合コンに出ていて思ったのは、私が合コンが好きで、合コンで盛り上がるような男性とは合わないということでした。それがわかっただけでも合コンにたくさん参加して良かったと思います。

こちらもチェック!人気コンテンツ

当サイトアクセス数No1コンテンツ
社会人 出会いの場|各種出会いのメリットデメリットを解説。

シェアお願いします(シゲオ)

このページの先頭へ